トップページ >公益・一般法人

公益法人・一般法人

公益法人、一般法人の特殊性に対応

この数年間で社団法人、財団法人を取り巻く環境は大きく変わりました。 

  • 公益認定、一般認可への対応
  • 公益法人、一般法人への移行による法人運営への対応
  • 平成20年会計基準への対応
  • 税制への対応

元来、社団法人、財団法人の専門家は少なく、こうした変化に対して総合的に対応できる専門家が不足しています。

山本薫公認会計士事務所では

多くの公益法人、一般法人への担当実績を生かし、
法人運営から会計処理まで総合的に相談できる専門家として
コンサルティングサービスを提供します。

  • 平成20年会計基準対応のコンサルティング
  • 法人運営、会計処理等、随時の相談
  • 監事への就任   等々

公益法人協会主催の会計セミナー講師として、公益法人、一般法人の皆様に有用な情報の提供を行っています。

法人運営の効率化に役立つメモ(一例を紹介します)

ちょっとした気づきや工夫で法人運営を効率化できることがあります。

簡単な例を記載しました。気になる点があれば、お気軽にお問い合わせください。

すでに認定、認可を受けた法人

書類を作りすぎていませんか?

→定款の定めがなければ、収支計算書は、作成不要

→定款の定めがなければ、一般法人は、財産目録も作成不要

日常の会計処理を複雑にしていませんか?

→日々の予算管理は、事業費、管理費に区分する必要はない

→会計ソフトからのダウンロードデータをもとにエクセルで平成20年基準に対応してもよい

これから認定、認可を受ける法人

定款を必要以上に詳細に作りすぎていませんか? 

→収支計算書等作成不要の書類について理事会、総会承認を規定しない

→むやみに総会承認を規定しない

収入費用の按分が複雑になりすぎていませんか?

→移行後の会計、予算管理を考慮して、事業を必要以上に区分しない

→法人税(収益事業課税)との整合を考慮

ページトップへ